不動産のご売却には、「仲介」と「買取」の2種類があります。どちらも、メリット・デメリットがありますので、お客様のご希望に合せた売却方法を選ぶことが大切です。



   仲介   

仲介とは・・・
不動産会社に売却の依頼をし、購入希望者を探し出て成約に結び付ける方法です。不動産業者が、売主と買主の仲人的な役目を果たします。

メリット
・仲介のメリットで一番大きいのは、買取より高く売れる可能性が圧倒的に高いことです。
・住み続けながら売却活動が出来ること。

デメリット

・購入希望者が現れず、いつまでも売れ残る可能性があります。






   買取   

買取とは・・・
不動産会社という買主が決まっているのですから確実に売れ、時間も掛かりません。


メリット
・不動産会社という買主が決まっているのですから確実に売れ、時間も掛かりません。
・人に知られずに売却することができます。

デメリット
・大きなデメリットとして買取金額が安いという点が挙げられます。